2009年11月11日

2番のクーラントの個人的注意点。

bach02_courante_bar04-05.jpg

4〜5小節のスラーで、いかに無駄な力を入れず、余計なことをせずに弓を動かせるか。音の粒立ち、発音の明瞭さにも注意。

bach02_courante_bar13-15.jpg

3回繰り返す「ラシドシラ#ソラ」がなかなかカッコよく決まらない。かすれる。隣の弦を擦ってしまう。スラーのあとの「レラミラ」だの「ファラミラ」だのも発音不明瞭。指の関節をできるだけ柔らかくし、落ち着いて弓を乗せたら明瞭になる、と分かってはいるものの、通しで弾いているとここまでに余計な緊張が蓄積して・・・。

bach02_courante_bar17-22.jpg

左手が忙しないので発音が不明瞭になりやすい。20小節と21小節のスラーは力を抜いて。左手の忙しさに巻き込まれないように。

bach02_courante_bar23-28.jpg

25小節は思ったより簡単。要するに1ポジの拡張。3の指をじっと動かさずに張り付けておき、あとは4-2-1-2-4と他の指を押さえなおせば済む。問題は27小節。どうも弾きにくくて指がもつれ、いつも音がつぶれる。・・・よく見るとジャンドロン先生の指定とちょっと違う指遣いしてた。明日は指定どおりの弾き方で試してみよう。

bach02_courante_bar29-32.jpg

前半終わりの「ラシドシラ#ソラ」と同じ。左手も右手も関節を柔らかく。ボウイングは何も足さず何も引かず。
posted by とりぷる at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

2番のクーラント練習中。

バッハ無伴奏2番のアルマンドをとりあえずさらい終わって、現在はクーラントを練習中。指の関節をできるだけ柔軟に保つことを心がけてきたせいか、指使いを覚えてしまえば(弾きやすさを考えてジャンドロン先生の指番号からは若干変更)思ったほどの技術的な難しさは感じません。いや芸術的に弾こうとすればやはり難しいのでしょうが。個人的には1番のクーラントよりとっつきやすい感じがします。移弦とか左手の指使いの窮屈さの度合いとか。

あとはボウイングの配分を考えるところ、力の入りやすいところ、音程がやや安定しないところが若干あるのを修正すること。そして後半走り気味になるので気をつけよう。
posted by とりぷる at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

また地元で勤めることになりました。

先月の18日にまた徳島に戻ってまいりました。こんどは休暇ではありません。また当面の間徳島で勤めることになりました。

仕事上の引継ぎのあれこれやちょっぴり無理して出かけた九州旅行やら家族で計画していた黒部旅行やらで時間が過ぎ、チェロの練習を再開したのはここ十日あまり前からです。思ったほど勘が失われていなかったことにとりあえずはひと安心。
両手指のすべての関節をできるだけ柔らかく保ちながらバランスを保ち構えを安定させること、身体の軸を安定させ腕が自由に動けるための土台にすること、等々に留意しながらバッハ2番のプレリュードやら何やらを弾いています。ここ数日の練習で、力を入れなくても弾き方が間違っていなければ音ははっきり出てくれる、ということを身体が少しずつ覚えてきてくれたような感覚があり、練習に向かう意欲が高まっています。2番のアルマンドとクーラントの練習も始めようかな・・・。
posted by とりぷる at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

バッハ無伴奏チェロ組曲第2番プレリュード

さて。このままでは旅行ブログになってしまうので、練習記録の動画をひとつ置いときます。

Bach : Suite for Unaccompanied Cello No.2 BWV1008 Prelude



全体的に譜面追いかけてるだけ。ボウイングがあんまり的を得てません。音程も時々雰囲気破壊光線。・・・でもこれでも以前に比べればだいぶマシにはなったんですよ。

ちょっと長めの休暇が・・・もう終わります。これをアップしたあとはもうさっさと寝て、早朝に出立しなければなりません。次に自宅に戻れるのは9月上旬頃かな・・・。
posted by とりぷる at 00:16| Comment(1) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸・美濃鉄道旅行 (第5日)

第5日 (4/13)
大垣0715 (樽見鉄道) → 0824樽見
    (薄墨桜見物)
樽見1031 (同上) → 1055谷汲口
    (谷汲山華厳寺参拝)
谷汲口1245 (同上) → 1330大垣
大垣1342 (東海道線 普通) → 1418米原
米原1422 (同上 新快速) → 1513京都
京都1810 (高速バス) → 2042松茂

続きを読む
posted by とりぷる at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸・美濃鉄道旅行 (第4日・その2)

第4日 (4/12)続き

美濃太田1140 (長良川鉄道) → 1335北濃
北濃1416 (同上) → 1456郡上八幡
(郡上八幡観光)
郡上八幡1715 (同上) → 1801美濃市
美濃市1844 (同上) → 1916美濃太田
美濃太田1926 (高山本線 普通) → 2002岐阜
岐阜2007 (東海道線 普通) → 2018大垣

続きを読む
posted by とりぷる at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸・美濃鉄道旅行 (第4日・その1)

第4日 (4/12)

富山0635 (富山ライトレール) → 0657岩瀬浜
岩瀬浜0700 (同上) → 0723富山
富山0800 (高山本線 特急ひだ6号) → 1116美濃太田

続きを読む
posted by とりぷる at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

北陸・美濃鉄道旅行 (第3日・その3)

第3日 (4/11)続き

高岡1458 (氷見線) → 1527氷見
氷見1646 (同上) → 1654雨晴
雨晴1807 (同上) → 1828高岡
高岡1837 (北陸本線) → 1855富山

続きを読む
posted by とりぷる at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸・美濃鉄道旅行 (第3日・その2)

第3日(4/11)続き

高岡1201 (城端線) → 1249城端
城端1403 (同上) → 1453高岡

続きを読む
posted by とりぷる at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。