2013年10月25日

WG-C20を触ってみたけれど。

本日近くのソニーショップに、発売されたばかりのポータブルワイヤレスサーバーWG-C20の実機を触りに行ってきた。Taxan Meobankで一度挫折を経験したのちも、大容量ポータブルDLNAサーバーの野望を捨てきれずにいるからである。Meobankとは違ってこちらの製品は「DLNA Certified」ロゴを取得している。そのぶん自分の期待も大きい。

さて展示前の箱に入ったままの製品をわざわざ取り出してもらい、テスト用に持ってきた外付けドライブ(余っていた80GBのSSDを外付け用ケースに入れ、手持ちのライブラリの半分くらい、14000曲程度を放り込んだもの)を接続し、電源を入れ、当方手持ちのiPod touchとwifi接続を行い、さてtouchのPlugplayerやMediaLinkplayerからWG-C20に接続した外付けドライブの中身が見えるか、と試してみたが・・・認識されない。まあすぐにうまくは行かんだろうと予想はしてたけど。
同梱されていた簡易マニュアルを見たりしながら、なんでつながらんのかのう、と思案していたところ、ふと手に取った外箱にこんなことが書かれていた。「DLNA 機能をお使いになる際、スマートフォンのアプリケーションから本機の初期設定が必要となります。」
・・・えーとスマートフォンのアプリケーションてのはFile Managerとやらのことでしょうがこれは現在のところAndroid用しか用意されておらずiOSへの対応時期は未定とか公式に書かれてなかったっすか? ・・・なら俺ダメじゃん。Android端末なんて持ってないし orz

オンラインマニュアルによると、wifi接続したPCからだと一般的なブラウザを使ってフォルダ構造をほじくることはできるみたい。iOS端末からでもFileExplorer等のアプリを使えば同じようなことができるかもしれない。けれどもDLNA接続を試みるには上記のとおり少なくとも現時点ではAndroid端末必須。実機を触ってみて手ごたえがあれば即購入するつもりだったのだがしゃあない、iOSに対応したアプリがリリースされるまで待ってみることにする。寸法は2.5インチHDDケースと束にしてちょうど頃合いもいいし。

だがオンラインマニュアルにはこんな記述もある。「メディアに大量のコンテンツが含まれている場合には見えるまでに時間がかかる場合があります。」・・・なんかMeobankの悪夢再び、の予感がまたむくむくと。まあ実際このへんのことは「試してみなけりゃ分からない」部分が多々あるので、いっぺん買って使ってみて、ダメなら速やかに売却、というふうになると思う。DLNA Certifiedロゴのご利益がいかほどのものなのか、一度は試してみなければ、と思っている。

おまけ。現在バッファローのHDW-P500U3というwifi機能内蔵の(DLNA機能はなし)モバイルHDDにAAC 256kbpsに変換した音楽データを入れ、SMB MUSIC(残念ながらつい先日配信終了)というアプリを使ってiPod touchやiPad miniとSMB接続して遊んでいるが、このHDW-P500U3専用のキャリングケースが発売!

IMG_5914.jpg

・・・されるわけねえっす(笑)。裸で持ち歩くことに幾分心配があり、また充電ケーブルを紛失するおそれもあったので頃合いのよいポーチかなんか売られていないかと近くの百均の店内を探し回ったところ、ほぼぴったりサイズで、しかもコード類が収納できそうなポケットまで別口でついているポーチを見つけた次第。裏にベルト通しもついていて便利そう。
posted by とりぷる at 23:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
私はWG-C20を使うため、F-886を買いました
F-880シリーズも欲しかったわけですが...
家と外出時の使い方はHPに書いてあるとおりです
Posted by moh at 2013年11月15日 12:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378544837

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。