2013年07月01日

Foobar2000とEsotericのUSBドライバの相性について。

前回の記事Monkeymoteの検証に使った機材は実は大層ショボいものである。PCは以前2万円に満たない額で買ったAcerの型落ちのネットブック(ただし内臓HDDはPlextorのSSDに交換)。USB端子にBluetoothアダプタ(メーカー忘れた)を挿して、Logicoolの小さいBluetoothスピーカーに音声出力。ALACを収めるデータドライブは外付けの2.5インチ1TBのHDD。

スピーカーとのペアリングが確立したのちにFoobar2000を起動し、「Preferences」 - 「Playback」 - 「Output」と辿り、「Device」のプルダウンメニューで「Wasapi(push) : Bluetooth Audio Renderer (Bluetoothステレオオーディオ)」を選ぶと問題なく音が出た。Bluetooth機器にWasapi排他接続してどれほどの効果があるのか、そもそも排他接続されているのかよく分からないのだが、そのへんは気にしないことにする。


さて前回の記事を書いたあと、自分が普段音楽専用にしている据え置きPCで同じことを試みた。ソフトのインストールやPCとiPad miniとの接続、ライブラリの読み込みはほとんど問題なくスムーズに行ったが、いざ再生させてみるとなんかオカシイ。準備完了して最初に鳴らす曲はまあ普通に鳴る。んじゃ何か別のアルバムを・・・と適当に選択して「Play all」を叩くと・・・PC上には新しく再生させるアルバムの曲が並んだプレイリストがちゃんと表示され、iPadの画面上に表示されるタイムバーは普通に時間を刻んでいる・・・が、音が出ない。おい・こら・なにしとんねん、と再生/一時停止ボタンを連打してやると・・・音が出た。でもそこから別のアルバムに移るとやっぱり音が出ない。また再生ボタンをぺしぺし叩く。すると鳴り出す・・・なんじゃこれ。

まずiOSデバイスのアプリとPCとの相性ではと考え、PC本体側で操作してみた。するとこちらでも似たような症状。画面上の曲名を普通にダブルクリックしただけでは再生されない。5、6回叩いてやっと再生が始まる。PCにインストールされているPlayPcmWinとどっかで競合してるのかと思い、これをアンインストール、再起動をかけて試してみたが変化なし。PCの遠隔操作に使う常駐ソフトSplashtop Streamerを削除しても改善せず。そこで今度は上記のネットブックに接続用のUSBドライバをインストールして、DACに使っているEsoteric K-05に接続してみた・・・するとまた同じ症状。続いてオーディオ機器に接続していないメインPCにFoobarをインストールして検証すると・・・症状は出なかった。ここに至って原因はPCやiOSデバイスではなくK-05側にあることが推測できた。

K-05の取説を見直す。USB接続では3つのモードを選ぶことができ、Normalモードではドライバソフトは必要なし。ハイサンプリング音源に対応するHigh Speed 1モード、およびハイサンプリング対応+アシンクロナス伝送対応のHighSpeed 2モードではドライバが必要・・・そういやそうだった、忘れてた。K-05を音楽用PCにつなぎ直し、USBの接続モードをNormalモードにしてみる・・・と、症状が消えた。

これまでiTunesやPlayPcmWinではHigh Speed 2モードでもこのような症状は出なかった。また今回原因を探している間にAIMPなるロシア製のソフトを試しに音楽用PCにインストールしてみたところ、このソフトでも症状の出現はなし。どうやらFoobar2000とEsotericのUSBドライバとの相性がいまひとつらしい。Foobarのバージョンは最新の1.2.8。古いバージョンでもこのような症状が出たのか、今後のバージョンアップで直るのか、それは分からない。

さて、使えないことはないのだが、せっかくオーディオで真面目に(笑)音楽を聴こうとするときにiPadの画面を何度も叩かねばならないというのはいささか興が削がれる。かといってUSB接続のモードをわざわざ音質上不利なほうに切り替えるのも気が進まぬ。結局音楽用PCで腰を据えて音楽を聴くときにはこれまで通りディスプレイを見ながらマウスとキーボードででPlayPcmWinを操作することになりそうである。Monkeymoteはネットブックの操作用に。これはこれで寝ながら聴くには便利なので、アプリ代金を無駄にしたという気分ではない。
posted by とりぷる at 03:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。