2012年10月15日

AudioGalaxyの「余計なお世話」を止める方法について。

__.PNG

(以下画像はすべてクリックで拡大表示します)
手持ちのiPod touchで「Audiogalaxy」というアプリを使ってみた。手持ちのPCを母艦とし、インターネット経由で音楽をストリーミング再生させることができるアプリである。
詳しい使い方は検索すればたくさん出てくるので、ここでは当方が出くわしたAudiogalaxyの「余計なお世話」とそれをなくす方法について書く。

iPod touchとモバイルルータを持ち運べば手持ちのPCに収められた音楽ファイルを出先でも再生できるのは確かに便利である。実際に使ってみてそう感じた。Audiogalaxyがホームページで謳っている「ギャップレス再生」は実際には完全ではなくほんの少し間隔が空き、また場合によってはさほど耳障りではない程度のノイズが入る。でもまあ「よく頑張っているほう」ではある。母艦に使っているPCは以前格安で買ったAcerのネットブック、使用する楽曲ファイルはこのネットブック用に元のaiffファイルを128kbpsのAACに変換したもの、という条件で3G回線を経由して鳴らしてみても音飛びは、皆無ではないにせよたまにしか起こらない。

だが思いつくままにアルバムを選んで再生させていると・・・どうもタグの表記がおかしい。すべて自分が使いやすいように手づから打ち込んだはずなのに、一部の曲の曲名や演奏者の表記が、自分ではそのように打ち込んだ記憶のまったくない文字列に置き換わってしまっている。アルバム名も一部変だ。アバド指揮シカゴ響のマーラー7番ではアルバム名で「No.7」と打ち込んだ箇所が「#7」になり、マルケヴィチ指揮ライプツィヒゲヴァントハウス管の「展覧会の絵」などは「Legend of Galacticなんとか」などという訳の分からんアルバムタイトルになってしまっている。アルバムを一覧表示させた時点では自分が打ち込んだとおり表示されるのだが・・・再生させたいアルバムをタップして、アルバム内の曲目を一覧表示させた時点でおかしくなる。
ジャンル分けはさらにワヤである。「Anime」とか「POP」とか「Jazz」とか「Post-romantique」ってなんやそれ。しかも見覚えのないアルバムアートが映ってるし。

__8.PNG

__6.PNG

__3.PNG

__5.PNG

__4.PNG

まあ普通にアルバム一覧から聴きたいアルバムを選べば、再生自体は普通に行われるのだが・・・正直こういうことを勝手にやられると鬱陶しい。これが直らん限り以前買ったiPod classic 160GBをもいちど引っ張り出すことになるな・・・と思いながらPC側のAudiogalaxyのログイン画面を調べているうちに、この「いらんお節介」を止めさせる方法を見つけた。

screenshot20121015-00-1.jpg

screenshot20121015-01.jpg

ログイン画面の右上のほうの、ユーザーネームその他が表示されている箇所で、「Settings」をクリック。切り替わった画面を下へとスクロールしていくと「Options」という見出しがあり、項目がふたつ並んでいる。
そのふたつめ、「Automatically display」云々、訳すると「誤ってタグ付けされた曲に対して自動的に正しい情報を表示する」となるだろうか。右側にくっついているクエスチョンマークをクリックすると説明が表示される。内容は以下の通り。
「ユーザーの持つファイルのアーティスト名、アルバム名、曲名に関する情報にはしばしば誤りが含まれます。このオプションを選ぶと、Audiogalaxyは、あなたのファイルに誤ったタグ情報が付されていても、自動的に正しい情報を表示させようとします。我々はこのオプションにチェックを入れたままにしておくことをお勧めします。なお、Audiogalaxyはあなたの音楽ファイルのタグ情報を直接変更することは決してありません。」

・・・もちろんアプリ製作者は親切心からこのような機能を付けたんだろうけど、まったくもって余計なお世話である。自分は手づから打ち込んだタグ情報を、例えそれが間違っていて、Audiogalaxyがそれを完璧に修正してくれたとしても、そしてそれが単に画面表示のうえだけのことであってタグ情報が直接変更されているわけではないにしても、いじってほしくはないのである。ましてやせっかく自分が使いやすいように打ち込んだタグ情報の配列を乱したり、あまつさえどう考えてもおかしいアルバム名を付けたりスカタンなジャンル分けをしているようでは論外である。問答無用でチェックを外し、右側にある「UPDATE」をクリック。

__7.PNG

__1.PNG

__2.PNG

・・・おお、直った。俺が打ち込んだとおりの美しいタグが並んでいる(爆)
ジャンル分けも自分が作ったとおり反映されている。スクロール表示されないのでタグ情報を完全に参照できないのは不満ではあるが、その点はまあ我慢できなくもない。これでどうにかもうしばらく使い続けようという気にはなった。
ちなみに上の「Options」の項目のひとつめも「他の人が自分のプロフィールを閲覧することを許可する」などと正直いらんことが書かれているので、こちらのチェックも外しておくほうがいいだろう。
posted by とりぷる at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/297602143

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。