2005年03月31日

ハードディスクを交換しました。

以前、ハードディスクがご臨終になってしまったことが一度ありました。
おそらくは回転部分の発熱により、基盤部分がダメージを受けたためで
あったと思います(弟に同じ型のディスクを見つけてもらい、基盤を
取り替えてやると一時正常に動作しましたが、データのサルベージを
終えた頃に再び動作しなくなりました)。

兆候はあとで思い返してみるとあったように思います。いつも使っていた
ソフトでデータの読み込みや書き込みがどうもスムーズにいかないことが
ありました。しかしそんなに簡単に壊れるもんでもなかろう・・・と
高をくくっていたら、意味不明な英語の画面が表示されるとともに突然
うんともすんとも言わなくなりました。今のパソコンを使い始めて約2年
経った、ちょうど去年の今ごろの頃でした。

新しいディスクを買って環境を建て直しはしたものの、パソコンはNEC製の
メーカー品で、リカバリディスクが付属せずHDD内に再セットアップ用の
データを収納したタイプだったので、ディスクのご臨終によりOSまで
新規に購入するはめになりました。

それからハードディスクの動作には多少気を配ってきたつもりです。
そして最近、ちょっぴり読み込みや書き込みのスピードが遅くなるときが
あるように感じだしたので、環境をまたいちから整える手間をかけなければ
ならない羽目に陥る前にハードディスクの引越しをしようと思い立ちました。

以下に今回ぼくが行った引越し作業の様子をお伝えします。メーカー製の
パソコンでハードディスクの引越しを考えておられる方などの参考に
なれば幸いです。

hdexchange (1-1).jpg

←今回使用した機材とソフト。
上がソフト「DriveCopy Plus」(ネットジャパン)、
下が左から「内蔵用電源分岐ケーブル(4ピン1 : 2)」、
「ATA100/133対応フラットケーブル(45cm)」、
ハードディスク(日立LG Deskstar 120GB)です。

まず電源コードを抜いてから作業を始めます。PCにハードディスク用の
電源端子の空きがないので、電源分岐ケーブルを使って引越し先の
ディスクの電源を確保しました。ただ部品の精度があまりよくなく、
差し込むのに多少難儀しました。
hdexchange (1-2).jpg

←このように電源を分岐させました。

次に新しく取り付けるハードディスクのジャンパピンの設定。
ジャンパピンの設定方法は機種やメーカーによって異なるので、個々の
製品についてマニュアルやジャンパピン周辺の注意書きを参照する必要が
あります。
hdexchange (2).jpg

←新しいハードディスクのジャンパピンを、
初期状態の「マスター」から・・・

hdexchange (3).jpg

←「スレーブ」の状態にしておきます。

次に、データ用のフラットケーブルを交換。もともとついているケーブルには
スレーブ用の端子がないからです。
hdexchange (5).jpg

←電源関係の配線の間をくぐらせて
フラットケーブル(黄色くて平たい
線)を通し・・・

hdexchange (6).jpg

←マザーボード上の端子(赤い丸で囲んだ部分)
に接続。せ、狭い・・・。おまけに接続するとき
マザーボードがたわんで割れそうで怖かった。

hdexchange (7-1).jpg

←新しいハードディスクをケーブルの
スレーブ側(ケーブルの中間にあるほう)
に接続。ケーブルのマスター側(先端の
ほう)はこれまで使っていた
ハードディスクに接続。

接続が終わったら、ソフトを使う前に新しく取りつけたハードディスクが
PC上でちゃんと認識されるかどうかを確認します。「マイ コンピュータ」
のアイコンを右クリックして出るメニューから「管理」を選ぶと、
「コンピューターの管理」という画面が出ます。この画面の縦の区切りの
左側にある項目の中から「ディスクの管理」を探してクリックすると、
認識されているハードディスクとその状態が表示されます。
hdexchange (7-2).jpg

←(クリックで拡大表示します)
当方のPCで見た「ディスクの管理」の画面。
上のふたつのパーティション(C、D)に分かれている
ディスク(「ディスク0」)が今まで使っていた
ディスク、その下の「ディスク1」が今回取り付けた
ディスクです。PC上で正しく認識されていることが
分かります。
今回使ったソフトはデータをコピーする際、新しいディスクのフォーマットも
同時に行う仕様になっているため、あらかじめフォーマットしておく必要は
ありません。新しく取り付けたディスクが「初期化されていません」と
表示されているのはそのためです。

さて、いよいよソフトを使ってのデータのコピー作業に入ります。
hdexchange (8).jpg

←ソフトのCD-ROMを光学ドライブに
セットしてから再起動。DOS上で
ソフトが起動します。

hdexchange (9).jpg

←起動画面。昔ならいざ知らず(昔の
ことは知らんけど)、今やこうした
ソフトも操作はウィザード形式でかなり
簡単。マウスで数回クリックするだけで
データコピー前の設定が完了します。

ところで、今回新しく買ったディスクはこれまで使っていたディスクと
容量は同じ。よってふたつのパーティションを一緒にコピーすれば容量の
空きはないはず・・・なのですが、

「選択されたパーティションを復元すると未割り当ての領域が残ります」

というメッセージがなぜか表示されました。よく分からなかったのですが
とりあえず同時に表示された選択肢から、「(パーティションの)サイズを
自動的に変更して復元/コピーする」を選択しました。分からないことは
自動に任せる、これ大事(嘘かも)。

そのあとに出たのが「ディスク書き込みモードの選択」という画面。
「高速モード」は速いけどコピー元のディスク状態の検査を省くとのこと。
ここでは速度と安全性をはかりにかけ、「セーフモード」で、追加オプションは
「不良セクタの診断」のみを選ぶことにしました(もうひとつの追加オプション
「イメージの書き込み検証」はパス)。

hdexchange (11).jpg

←ウィザードでの設定を終わって
コピー開始。終了までひたすら
待つ、待つ、待つ・・・。

待ち時間中CDを聴きながら横になっていたら寝てしまい、眼が覚めたら
コピーが終わっていました。いったん電源を切り、古いディスクを取り外し、
ジャンパピンを「マスター」に戻して新しいディスクをセット。電源オン。

で、首尾は・・・うまく行ったので今こうして記事を書いています。
起動後一度だけWindowsの再アクティベーションを3日以内に行えという
メッセージが表示されましたが、接続してみるとプロダクトIDの入力の
必要もなく、拍子抜けするほどあっさり再アクティベーションが
終了しました。

思っていたよりはすんなりことが運んだな、というのが作業を終えての
感想です。やってみる前はうまくいくか不安もあったのですが、今後は
さほど迷うこともなく交換ができそうです。

余談。結局今日はこの作業と記事の書き込みのために練習時間が
つぶれました・・・。
posted by とりぷる at 20:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

PowerX Backup Platinum 3 シングルライセ
Excerpt: PowerX Backup Platinum 3 シングルライセンス・『エキサイト』が、スクウェア・エニックスのオンラインゲー ...・ID削除の危険あり!インフォトップブログはまだするな・2007年..
Weblog: ソフト メーカーの1日
Tracked: 2007-09-26 08:03

iDefrag 2.0(シングルユーザー版)
Excerpt: WINでは標準装備のデフラグソフトもMACではついていません。そこで何か手頃なものということでこのソフトを見つけました。ソフト自体の操作はしやすくわかりやすいインターフェイスとなっています。ただ、イン..
Weblog:
Tracked: 2008-01-23 00:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。