2010年01月21日

右手指の第二関節。

ボウイングで重みを乗せる際、こいつらを思い切ってぐんと曲げてやればいいのだと今日気づいた。重みがうまい具合に乗ってしかも力みによる弓の暴れが少なくなる。悪戯の「ひざカックン」みたいな形だ。曲げる、というか重みに対して抵抗なく曲がる、と言ったほうが正しいか。

もっとバランスを取れるように、様々なボウイングに対応できるようにすることは今後の課題。あと左手にも応用できないか。
posted by とりぷる at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | チェロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
「徳島 チェロ」で検索して、beautiful sunset
さんに辿り着きました。
興味深く拝見しました!
チェロを持っていて、
また習いたいと思うのですが
先生を探しています。
どこのお教室に通っておられるのか
教えて頂いたけたら嬉しく思います。
よろしくお願い致します。
Posted by f at 2010年02月20日 17:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。