2010年01月19日

録音機買いました。

IMG_3331_2.jpg
以前ローランドのR-09HRという機種に興味を覚えた、と書いたことがあります。実際ほぼそれに決めかけていたのですが、注文を出す直前に念のためとネットでこの機種や類似の製品のスペックや評判をチェックした結果、土壇場でこのソニーのPCM-D50に変更しました。

変更した理由は、以前見かけて面白い製品だと思っていたこと(今回注文するまでその見かけたことを忘れていたが)、そして瑣末なことかもしれませんが本体にカメラの三脚用のネジ穴が備えられていることです。R-09HRにはこの穴があいておらず、三脚を使用するためには別売りのケースを購入しなければなりません。しかしこのケースは誰も欲しいと思わないようなちゃちなつくりのミニ三脚とセットでしか買えません・・・これで購入意欲ががくっと失せました。

PCM-D50は数日前に購入して以来、三脚に取り付けたままになっています。自分の演奏を録音したいときには三脚をひょいとつかんで自分の前方にポンと置けば準備OK。とっても手軽です。

音質は良好。「色付けのないソニーらしい音」という前評判を聞いていましたがだいたいその通りの印象です。持ち主のヘタクソな演奏を原音に忠実に再生してくれそうです。面白いなと思ったのは自分ではうまく弾けたと思ったところが録音で聴くとそうでなかったり、逆に自分では「うわガタガタ」と思ったところで思ったほどアラが目立っていないところがあったり(なくなったわけではもちろんない)したところ。

実際の録音は・・・仕事があったりコンディションが悪かったりして、いくつか試みてはいるもののまだ人様にお出しできるものは作れていません。いずれ出します。
posted by とりぷる at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。